性病と保険の問題|エイズ検査の実施で不安払拭|いつもの生活に安心を

エイズ検査の実施で不安払拭|いつもの生活に安心を

性病と保険の問題

紙とペン

保険適用と保健所の検査

性病検査で気になるポイントと言えば、匿名性もそうですが保険が適用されるか否かにあります。保険が適用されるのであれば、診察料とは別に3割負担で保険が適用されますが、性病の場合はケースバイケースで保険の適用が変わってきます。とはいえ、症状が出ていれば保険は適用されるので、何らかの症状が発症している場合や、違和感を覚えている場合は性病検査を受けても保険が適用されるケースがほとんどです。ですが一部例外が存在し、検査の組み合わせによっては保険が適用されないケースもあります。また、症状が無い場合の性病検査も保険の適用外となります。その為、婚前の性病検査も症状が無い場合は保険の適用外となり、検査キットも保険の適用外です。症状が出ないと保険が適用外になってしまうため、性病検査のハードルは上がってしまいます。しかし、保健所で性病検査を行うことで、それらの保険の心配を減らす事が出来ます。保健所での性病検査は原則無料で、保険の適用関係無しに性病検査を受ける事が出来ます。しかし、検査の出来る性病が限られている事がある事と、定員制を設けている場合や毎日性病検査の受付をしていないこともあるので、地方の保健所の運用形態を事前に調べておく必要があります。症状は無いけど性病の心配がある場合は、一度近くの保健所で相談して観るのも手段の一つです。保健所での結果を鑑みて病院で詳細な性病検査を受けるかどうかを決める事が出来ます。